Sudath-travels logo
contacts

スリランカ動物園

アヌラーダプラ(英語:Anuradhapura、シンハラ語:අනුරාධපුර)は、スリランカ北部の町。年代記の『マハーワンサ』(大史。6世紀初頭)や『チューラワンサ』(小史)によれば、紀元 前5世紀から紀元11世紀に至る長い間、北部を根拠地としたシンハラ人を主とする王朝の王都として繁栄した。別の所に移されたこともあったが、短期間で元に戻っている。 スリー・マハー・ボデーィ(Sri Maha Bodhi)と呼ばれている菩提樹があって、仏教徒の崇拝対象になっている。『マハーワンサ』(第19章)によれば、インドのブッダ・ガヤーで正覚(悟 り)を得たとされるゴータマ・シッダールタが座って瞑想していた金剛座の背後 に繁る菩提樹から、アショーカ王の妹のサンガミッターが小枝を瓶に入れて当地にもたらしたとされる。スリーは敬称(聖なる)で、マ ハーは偉大な(または真の)、ボーディ(菩提)は目覚めたる者の意味である。仏教伝来の王都であったため、たくさんの遺跡が残っている。新しい町と古代の 町に分けられて、遺跡群は保護されている。巨大なストゥーパ(仏塔)が散在し、半球状の構造をなし、石または煉瓦で作ら れている。 最大のストゥーパは、紀元前1世紀に作られたアバヤギリ・ダーガバ(Abhayagiri Dagaba)で、現在でも74メートルの高さがあり、建築当時はその周囲に半球状の屋根を含む構造があり高さは100メートルあったと言われる。周囲に は5000人の僧が生活した僧院があった。主な遺跡には、ベッサギリ寺院、イスルムニヤ寺院、ダクヌ仏塔、ミリサワティ仏塔、ルワンワリサーヤ仏塔、 ジェーターワナ仏塔、トゥーパーラーマ仏塔、ランカーラーマ仏塔などがある。 灌漑用に人工の湖(ウェーワ)が数多く作られ、高度な土木技術があったことがわかっている。水の統御に基づいて高い生産力の水田稲作農耕が発達し、国の経 済的基盤を形成した。ドライ・ゾーンに位置するため、雨季は年1回であり、溜池灌漑はこの地に生きる人々にとって重要であった。技術的には南インドのタミル・ナードゥと共通しており、海を越えた交流が頻繁に行なわ れていたと見られる。

イスルムニア精舎
Isurumuniya Vihara

ここを見ずしてアヌラーダプラは 語れ無い 別名「ロック・テンプル」 後ろに控えし岩をくり抜いて造ってます 紀元前3世紀 デーワーナンピヤ・ティッサ王により創建

ルワンウェリ・サーヤ大塔
Ruwanweli Seya Dagoba

 

ルワンウェリセーヤは言うまでもなくスリランカ仏教の中心です。その来歴は数多くのエピソードで彩られています。紀元前2世紀、ドゥッタガーマニー王により建立された高さ55mの仏塔です。レンガの上にしっくいを塗ったもので、中には仏舎利が納められています。

ルワンウェリ・サーヤ大塔
Ruwanweli Seya Dagoba

ルワンウェリセーヤは言うまでもなくスリランカ仏教の中心です。その来歴は数多くのエピソードで彩られています。紀元前2世紀、ドゥッタガーマニー王により建立された高さ55mの仏塔です。レンガの上にしっくいを塗ったもので、中には仏舎利が納められています。

アバヤギリ大塔
Abhayagiri Dagoba

かつてスリランカにもあった大乗仏教の総本山紀元前1世紀にワッタガーミニ・アバヤ王の命により建立当時の高さ 110m現在でも 75m!! アヌラーダプラ最大級トゥーパーラーマ・ダーガバ

トゥパラマダゴバ
Thuparama Dagoba

アヌラーダプラ最古のダーガバ.紀元前4世紀に仏陀の右鎖骨を祀るために建てられた 倒れそうな柱は1840年再建当時にダーガバに屋根をかけるための物だったらしいが、今にも倒れそうで、いいの?

サンダカダパハナ
SunDakada Pahana

一番外側が 炎の輪:人間の世界とそこに渦巻く欲望を表す その次が4種の動物の輪:生命の力と活力を表す 象が誕生 馬が老齢 ライオンが病 牡牛が死 この4種で輪廻を表す

スリランカ店 (Sudath Travels)
担当:Manjula Cooray
149/1 Kohilawatta Angoda, Colombo, Sri Lanka
日本語ホットライン:+94-11-2419024, 携帯電話 +94-718-330-512 Email-sudathtravels@gmail.com
営業時間(スリランカ時間): 月~土曜日:9:00~18:00
(日本時間 12:30~21:30)
日祝祭日休業 詳細はカレンダーに てご確認ください。 インターネット予約:24時間受付

All copyrights reserved by Sudath-travels.com 2020