Sudath-travels logo
contacts
unnamed

スリランカで食べるもの

こちらは米の粉で作ったホッパーに卵を乗せて焼いたもの

エッグホッパーといいます、カレーソースと食べます。

カレーパン

揚げたものではなく焼いたものです

これはカレーと食べるロティという焼いたナンのようなパン、かたいです。

スリランカで最もポピュラーな麺料理「インディアッパ(ストリングホッパー)米粉を使った麺で、カレーなどにつけて食べます。

スリランカ人はカレーをよく食べます。毎食カレーを食べるほどスリランカ人に愛されています。島国なので魚介類が入ったカレーが多く、バリエーションが豊富です。レストランや家庭によってレシピはさまざまです。日本とは違い、スリランカのカレーはいろいろな種類のカレーを一皿に入れてご飯と混ぜて食べます。さまざまな味のカレーが合わさって奥深い味になります。またスパイスの効いた辛口のカレーが定番です。

「キリバット」です。スリランカではお正月やお祝いの食事の席で食べることが定番になっている「キリバット」はお米をココナッツミルクと塩で炊いた伝統ある食べ物です。ココナッツの甘さと塩のしょっぱさが美味しいです。お米が炊き上がったら、ひし形に切ってバナナの葉に盛り付けるのが一般的です。赤い玉ねぎと香辛料を混ぜた「ルヌミリス」と一緒に食べます。「キリバット」には「ミルクご飯」という意味があり、スリランカ特有の食文化です。

スリランカの有名な名物料理⑦は「カトレット」です。「カトレット」とは、日本のコロッケのような食べ物ですが、中の具材は魚のミンチやじゃがいもが定番です。島国ならではの新鮮な魚を使った「カトレット」は結婚式などのお祝いの席での食事として食べられることが多いです。「カトレット」は家庭で作られることが多くスリランカのローカルレストランではあまり見かけることのないスリランカの家庭料理です。

コットゥは小麦粉で作られた薄い生地を細かく刻み、野菜や豚肉などの具材と炒めた食べ物です。野菜炒めのようですが、小麦粉で作られた生地が入っているため、満足感のある一品です。「コットゥ」はスリランカのローカルレストランでは必ずある有名な名物グルメです。

「コキス」とは米粉やココナッツミルク、ターメリックを混ぜて星型や蝶の形に揚げたスイーツです。日本では料理に乾燥した米粉を使いますが、「コキス」に使う米粉は乾燥していない物を使用します。スリランカ特有の食文化ですね。そんな「コキス」はスリランカの伝統的なスイーツでお正月やお祝い事などの特別な日に食べられることが多いです。

アルワ のレシピに使う材料は一般的に米粉や糖蜜、カシューナッツです。これらの材料を一緒に練り合わして作るスイーツです。柔らかい食感ですが粗めの米粉を使うので、さくさくしていて美味しいです。素材の味を生かした優しい甘みが観光客にも人気のスイーツです。またはスリランカの紅茶とよく合い、お土産としても好評です。

カードとは水牛のミルクで作られたヨーグルトでスリランカで人気のスイーツです。スリランカの市場やスーパー、屋台などでさまざまな種類の「カード」が売られており、日頃からよく食べられています。日本の一般的なヨーグルトより濃厚で酸味が強いのが特徴的です。またヤシの木からとれる蜜をかけて一緒に食べます。朝の食事や食後のスイーツとしてスリランカ人に愛されています。

ワタラッパンです。ワタラッパンとは日本のプリンによく似たスリランカで人気のスイーツです。一般的な日本のプリンとレシピは似ていますが材料が異なり、黒糖やココナッツミルクを使用します。黒糖の優しい甘さとココナッツミルクの香りが楽しめる美味しいスイーツです。スリランカでは「ワタラッパン」は招待客へのおもてなしスイーツの定番です。

スリランカ店 (Sudath Travels)
担当:Manjula Cooray
149/1 Kohilawatta Angoda, Colombo, Sri Lanka
日本語ホットライン:+94-11-2419024, 携帯電話 +94-718-330-512 Email-sudathtravels@gmail.com
営業時間(スリランカ時間): 月~土曜日:9:00~18:00
(日本時間 12:30~21:30)
日祝祭日休業 詳細はカレンダーに てご確認ください。 インターネット予約:24時間受付

All copyrights reserved by Sudath-travels.com 2020