Sudath-travels logo
contacts

ダンブッラ

ダンブッラの黄金寺院とは、1991年にUNESCOの世界遺産に登録された石窟寺院である。コロンボの148キロメートル東方、キャンディの72キロメートル北方に位置する。スリランカにおいて、最も保存状態がよい石窟寺院として知られている。黄金寺院の周辺には、確認されているだけで 80以上の洞窟がある。 黄金寺院において重要な寺院は5つであり、そのそれぞれに聖像や絵画がある。これらの聖像や絵画は、釈迦と その生涯に関連したものである。153の釈迦像、3つのスリランカ王の像、4つのヒンドゥー教の神像が祀られている。壁画の面積は2,100平方メートルに達し、絵画には、釈迦が最初に説教を 行ったマーラへの説教も含まれている。 ダンブッラの黄金寺院の歴史は紀元前3世紀にまで遡る。その当時から、ダンブッラの黄金寺院は、最大規模でかつ最も重要な僧院として機能していた。 僧院を寺院へとして転換したのは紀元前1世紀の王ワッタガーマニー・アバヤ(シンハラ朝第19代国王、在位紀元前89年から紀元前77年)である。彼は、 タミル人の手によって、アヌラーダプラから追放されたが、ダンブッラで保護され、15年後 には、再び、アヌラーダプラに帰還した。その感謝の念を持って、僧院は寺院へと発展を遂げた。 その後も、ダンブッラの寺院には多くの増築が施された。その結果として、ダンブッラの黄金寺院は、スリランカを代表する仏教寺院へと発展を遂げるこ ととなった。ポロンナルワの王統で最後の王であるニッサンカ・マッラ(en、在位1187年-1196年) は、寺院を金箔で飾り、また、1190年には、70対の仏像を寺院に納めている。 18世紀には、キャンディ王国の手によって、石窟寺院の修復作業が行われた

スリランカ最大の石窟寺院

ここの寺院は天然の洞窟を利用して造られている 現在でも使用されている. 外観は一つの施設だが、内部は5つの洞窟に分かれている。5つの岩窟内は、153の釈迦像、3つのスリランカ王の像、4つのヒンドゥー教の神像と、天井画、壁画で埋め尽くされています

1窟「デーワ・ラージャ・ヴィハーラ」

高さ14メートルの釈迦の涅槃(ねはん)像が安置され、足の裏の宇宙観を示す文様が鮮やかに描かれています。

2窟「マハラジャの石窟」

黄金寺院最大規模の石窟であり、16体の釈迦の立像と40の釈迦の座像、涅槃像が安置されているほか、ヴィシュヌ神などヒンドゥーの神も安置されています。2,100平方メートルにおよぶ天井画です。

3窟「マハー・アルト・ヴィハーラ」

そんなに大きくない。キャンディ王国時代に描かれた天井画と壁画が残っています。

スパイスガーデン

ダンブッラ近くにスパイスガーデンが何校もあります,スパイスガーデンの見学は無料なんです。ガーデン内の説明が終わると、日本語の説明書と、各スパイスの詳しい効能などを解説します。

ヘリタンス・カンダラマホテル

ダンブッラを有名にしているもう一つの名所はホテル“ヘリタンス・カンダラマ”です。国内外で有名なスリランカ出身の建築デザイナー”ジェフリーバワ”が手がけたホテルがダンブッラから東方約10kmの地点にあります。モダンな建築デザインを自然に溶け込ませる手法は評価が高く

スリランカ店 (Sudath Travels)
担当:Manjula Cooray
149/1 Kohilawatta Angoda, Colombo, Sri Lanka
日本語ホットライン:+94-11-2419024, 携帯電話 +94-718-330-512 Email-sudathtravels@gmail.com
営業時間(スリランカ時間): 月~土曜日:9:00~18:00
(日本時間 12:30~21:30)
日祝祭日休業 詳細はカレンダーに てご確認ください。 インターネット予約:24時間受付

All copyrights reserved by Sudath-travels.com 2020