Sudath-travels logo
contacts

ヌワラエリヤ

1 ヌワラエリヤとは? ヌワラエリヤは茶産地であると同時に、『リトルイングランド』と呼ばれる英領時代からの 避暑地としても広くしられています。日本でいう軽井沢のよう な感じなのです。 鉄道が敷かれ、歴史を感じさせる白亜のリゾートホテルが建つ山々の町の周囲に、茶園が広がり、製茶工場が点在しています。  ヌワラエリ ヤはスリランカ中南部に位置し、標高1800m 山岳地帯の高地に位置するため、昼夜の温度差が大きく、渋み成分のタ ンニンと甘みを作るテアニンがバランスよく含まれたお茶が育ちます。   2 ヌワラエリヤは渋み香りの強い スリランカにヨーロッパ人のリゾート地としてイギリス人 によって開発された地域があります。それがヌワラエリヤで す。  紅茶の栽培が始まる前は人が定住しない未開発の地だったが、イギリス人 が紅茶を持ち込んでから、英国様式の建造物が次々と造られ、避暑地として開発されました。  現在でもヌ ワラエリヤは、「リトルイングランド」としてヨーロッパの人々に親しまれています。  リゾート地として開拓された理由には、気候のよさがあげられます。  ヌワラエリ ヤは標高1800メートルの場所にあり、スリランカの紅茶産地の中でももっとも高いところに位置するハイ・グロウンです。日中の気温は20から 25℃、朝夕は5から14℃とすごしやすいです。昼と夜の温度差がはげしい気候は、ハイ・グロウン特有のもので気温の違いが紅茶の栽培にも大きく関係しま す。 3 ヌワラエリヤの歴史  標高1800メートルの地にイ ギリス人の家々がたくさん立ち並ぶ美しい街があります。ヌ ワラエリヤは紅茶園の開拓によって生まれ、栄えたイ ギリス人の町なのです。ヌ ワラエリヤは紅茶の産地だけれはなく、避暑地としてもイ ギリス人たちに親しまれていました。 イギリス人開拓者たちが集まってパーティーを開いたヒルクラブは、19世紀の終わりごろ建てられたクラブハウスなのです。外壁はイ ギリスのユーツウォールズ地方で見られるハニーストーン(蜜蜂色)を真似た石でつくられ、表玄関は男性のみで、女性は裏口からでしか入ることので きない つくりになっています。

gregory lake
グレゴリー湖

この湖は町の中心部から少し離れたところにあります。 手漕ぎボート、屋形船、屋台、そして子供向けのゲームがいくつもある美しい湖です。 ここはとても良い日曜日のようです。 人々はリラックスするためにここにやって来て、小さなピクニックをしてそしてちょうど幸せな雰囲気を楽しむことができます。 風光明媚な美しさも豪華です。

マクウッド茶工場
macwood tea factory

 スリランカには膨大な数の農園があります。 ヌワラエリヤでは、茶畑工場はほとんどなく、ヌワラエリヤを訪問するのに最適な場所です。 毎日このシンプルな飲み物を作るために行われるプロセスを見るのはとても楽しいです。 これはまた子供にとって非常に教育的になるでしょう。 彼らはまた訪問者が農園地を回って回り、香りと美しさを楽しむことをできます。

NUWARA ELIYA GOLF COURSE
ヌワラ・エリヤ ゴルフコース

1889年に設立された伝統的なゴルフ場で、アジアで最も美しいコースとして挙げられている 紅茶の産地として有名なヌワラエリヤ市内にあり、海抜1800m以上のゴルフコースは涼しく快適なプレイができると評判。70パー、5520メートルのロングコースです。

ムーンプレーンズ
Moon plains

スリランカの山々を一望するのに最適な場所の1つ。ヌワラエリヤに最近オープンしたアトラクションは、旅行者とは異なる種類の経験があります。ムーンプレーンズの主な魅力は、周辺の山々と町の360度の景色を提供する端にあるミニワールドエンドです

ホートン・プレインズ国立公園
Horton place national park

スリランカといえば、赤道近くの熱帯の国というイメージがありますが、中央部には高原地帯もあります。ワールズ・エンド(地の果て)と名付けられた高さ1000mに達する崖は、ホートン・プレインズ国立公園の中に位置しです。 高原地帯の中心地、標高約1800mのヌワラ・エリヤがホートン・プレインズ国立公園です

Hakgala botanical garden
ハッカラ植物園

これは自然の救い主のためのその場所です。 それは色と色合いをすべて持っている、自然の28エーカーです。 庭園には多種多様な花とエキゾチックな植物があります。 これらの植物はアッパーフラワーガーデン、ファーンリー、ロックガーデン、樹木園、ローズガーデン、グラスハウスなどのような様々なサブガーデンに分けられていて、ヌワラエリヤで訪れるべき場所の中では必見です。

スリランカ店 (Sudath Travels)
担当:Manjula Cooray
149/1 Kohilawatta Angoda, Colombo, Sri Lanka
日本語ホットライン:+94-11-2419024, 携帯電話 +94-718-330-512 Email-sudathtravels@gmail.com
営業時間(スリランカ時間): 月~土曜日:9:00~18:00
(日本時間 12:30~21:30)
日祝祭日休業 詳細はカレンダーに てご確認ください。 インターネット予約:24時間受付

All copyrights reserved by Sudath-travels.com 2020