Sudath-travels logo
contacts

コロンボ

コロンボ(英語:Colombo、シンハラ語:කොළඹ、タミル語:கொழும்பு)はスリランカのかつての首都である。同国の最大都市であるとともに、経済的な中心都市である。名称の由来はシンハラ語で「マンゴーの樹の茂る海岸」を意味する「Kola-amba-thota」がポルトガル語でのクリストファー・コロンブスの名であるコロンボに置換えられたもの。 2001 年の人口は642,163人(コロンボ都市圏の人口2,234,289人)。位置はセイロン島南西、北緯 6°54' (6.90)、東経 79°50' (79.8333)。 化学工業、繊維産業、ガラス工業、皮革製品、家具、宝石な どのスリランカの大企業の大半はその本部をコロンボに置く。ある石油精 製施設はコロンボ近郊にある。 コロンボは2000年前からローマやアラブ、中国と 交易を持っていた。ムスリム商人は8世紀に は使節を置き、シンハラ王国と外部の交易の大半を支配下に置いた。16 世紀にポルトガル人が到来し、香辛料交易のために砦を築いたが、17 世紀にはオランダに占領された。1802年にイギリスのセイロン植民地の首都となった。 1948 年にはセイロン(1972年にスリランカと改称)が独立し、引き続き首都としての地位を占める。1985年、ジャヤワルダナ大統領は同国の首都をスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテへ遷し、コロ ンボは首都としての地位を失った。ただし、2007年現在、国会議事堂などの一部施設を除いて首都機能の大半はコロンボから移転しておらず、またスリ・ ジャヤワルダナプラ・コッテ自体がコロンボの郊外都市としての性格を持っているため、コロンボは現在も実質的な首都機能を果たしている。

ガンガラマヤ寺院

コロンボ市内、120年の歴史を持つガンガラーマ寺院は、一般的なスリランカの寺院とは一線を画すユニークな寺院。観光名所としてとても人気があるのと同時に地元の人にとって、とても重要な信仰の場。

ゴールフェイスグリーン

ゴールフェイスグリーンは、インド洋に面した幅約100m長さ約800mの公園で、コロンボフォート近くにあります。ここは、1859年ブリティッシュセイロン総督のヘンリーウォードの発案により作られました。

旧国会議事堂

旧国会議事堂 は、現在の国会議事堂の前に使われていた建物です。1930年代に建てられ、今もそのままの姿で残されています。建物前には、歴代の首相の銅像が並んでいますよ。外観がとても美しく、人気の観光スポットになっています。

自然史国立博物館

スリランカ国内で最古で最大規模の博物館です。1877年に当時のイギリスのセイロン総督であったウィリアム・グレゴリーによって作られました。

独立記念館

1948年にスリランカはイギリスから独立しましたが、その独立記念行事の行われた場所に建てられた建物です。

ロイヤルコロンボゴルフクラブ

スリランカ国内で最古で最大規模の博物館です。1877年に当時のイギリスのセイロン総督であったウィリアム・グレゴリーによって作られました。

スリランカ店 (Sudath Travels)
担当:Manjula Cooray
149/1 Kohilawatta Angoda, Colombo, Sri Lanka
日本語ホットライン:+94-11-2419024, 携帯電話 +94-718-330-512 Email-sudathtravels@gmail.com
営業時間(スリランカ時間): 月~土曜日:9:00~18:00
(日本時間 12:30~21:30)
日祝祭日休業 詳細はカレンダーに てご確認ください。 インターネット予約:24時間受付

All copyrights reserved by Sudath-travels.com 2020