ポロンナルワ

ポロンナルワ(英語:Polonnaruwa、タミル語:பொலன்னறுவை)はスリランカ中部の古都。1017年か ら1255 年までスリランカの首都であった。

1017 年、南インド・タミル系のチョーラ王朝がランカ島の大勢を支配したことを受け、シンハラ王朝は首都をアヌラダープラからポロンナルワに遷都した。シンハラ王のウィジャヤバーフ1世(Vijayabahu I)はその後チョーラ王朝を1070年に追放した。その後、ウィジャヤバーフ1世の孫にあたるパラークラマ・バーフ1世(Parakrama Bahu I)が首都構築に大きく貢献した。彼の治世の間、ポロンナルワは王の庇護の元、交易と農業が 栄え黄金時代を迎える。特に、灌漑設備の充実に努め、国の東部地域で乾季で も農耕可能にした。彼は農耕と防衛の両方の目的で、首都の周囲にパラークラマ・サムドゥラ(パラークラマ海)と呼ばれ る巨大な灌漑用貯水池を建設した。この時代、首都は自給自足の体制を保った。

しかし、その後王位についたニッサンカ・マーラ1世(Nissanka Malla I)を除くポロンナルワの王族はすべて保身に注力し、南インドの王侯貴族の支持を求めたため、スリランカ独自の王朝の力は衰え、南インドのカリンガ王朝マーガ王による1214年の 侵攻を招き、1284 年にはアーリャ・チャカラヴァルティー(Arya Chakrawarthi)の侵攻と続き、結果的には南インドのパーンディヤ朝に権力を委譲することになった。1232年に 首都はダンバデニヤ(Dambadeniya)に遷都された。1255年シ ンハラ王朝はポロンナルワを放棄した。

今日、古都ポロンナルワはスリランカ随一の考古学上の史跡として維持され、シンハラ王の治世をしのぶものとなっている。古都の美しさは、デュラン・デュランの1982年のミュージックビデオ「Save a Prayer」で撮影されている。 ポロンナルワは現在、北中部州第二の都市で、スリランカで清潔で美しい町として知られる。自然に囲まれた環境や古都の建築、パラークラマ・サムドゥラ(パラークラマ海)等が観光 客を魅了している。歴史的にはポロンナルワは一年のほとんどが熱帯性の気候で、12月と1月のみ肌寒い日があ る程度だったが、近年の環境変化で冬季の雨や低温の日が増加している。 古都ポロンナルワはユネスコ世界遺産に登録されている。

ポ ロンナルワの王族

  • ウィジャヤバーフ1世(Vijayabahu I)
  • ジャヤ・バーフ(Jaya Bahu)
  • ヴィクラマバーフ(Vikrama Bahu)
  • パラークラマ・バーフ1世
  • ニッサンカ・マーラ1世
  • リラヴァーティ女王



宮殿跡
The Royal Palace

パラークラマ・バーフ1世の宮殿跡

当時は7階!!建て
今残っているのは3階部分まで
壁の厚さ3m
柱の数36本
部屋数50室

← 当時の壁の
大理石です
(ほんの少し残ってます)

列柱の後ろ側には、壁らしきのもがあるだけですね

ポロンナルワは、アヌラーダプラなどとは違ってまさしく廃墟だらけです 生活の匂いは全くしませんね ちなみに、ここには怪しい土産物売りの兄ちゃん達が出没します (^。^) 怪しげな笛(←これが多いんだよ)、人形(なんかこれも多かったなぁ)、遺跡の石? etc かまってると遺跡中ずっとついて来ちゃうので、要注意っす


閣議場
King's Council Chamber

宮殿跡から100mくらいのところにある 閣議場 と呼ばれている遺跡

↑ 壁面に掘られているライオン

同じく 象 ですね

← 上の段まで階段で上れます 多くの石柱があり、石柱に各大臣の名前が彫られているらしい (よくわかんなかったのだ・・・)

→ 出ました ムーンストーン ここは、これを踏んで階段を上るのでかなり痛んでいます


← ニッサンカ・マーラ王の沐浴場 Kumara Pokuna

→ 猿 ってわかるよね

シヴァ・デェーワーラヤ No.1
Siva Devala No.1

なんと、ヒンドゥー教の寺院があるのだ
ポロンナルワ時代末期、13世紀の創建
仏教王国にあった希有な例

なぜかっていうと、当時の王妃の一人がヒンドゥー教であったというのと 南インドのチョーラ王朝の侵略時に建てられたと言う説がある

よ~く見ると、遺跡に番号が振ってありますよ 何故でしょう? ・・・

答え:遺跡をもってっちゃう人がいるから 最初は、分解掃除でもしたのかしらと思って聞いてみたら、よからぬことを考える人がいるためとのこと それでも持って行ってしまう馬鹿がいるんだと 遺跡に艶消しだね、無粋な番号表記は

>

小振りだけど、なかなか良いものがあったりするんだな

→は お約束のあれです