ゴール

ゴール(Galle)は、スリランカの南西の先端である都市で、南部州の州都で ある。世界自然遺産のシンハラジャ森林保護区にほど近く、自然に囲まれた街である。人口は 90.934人(2001年)で、スリランカの主要都市と なっている。日本語では、ガル、ギャルとも表記される場合がある。2004 年に起きたスマトラ島沖地震の津波で被害を受けた。

かつて西洋と東洋を結ぶ回路の途中、アラブ商人の憩いの場となっていた町。その後、 1505年ポルトガルの支配を受け大きな要塞が建てられてからは『要塞都市』として知られています。 1988年にゴール旧市街と要塞が世界遺産に登録されました。



スリランカ南部最大の町 インド洋に突き出た半島に旧市街がある

その歴史は、10世紀のアラブ人による東方貿易地

1344年の旅行記にその名がある 1588年 ポルトガル人による砦建設

1640年にはオランダ人により町の建設

1796年今度はイギリスに まさしく植民地の歴史だね 現在主要港がコロンボに移ってしまい往時の面影見る影無し

←と↓は その砦の入り口 オールド・ゲート

オールド・ゲート

この半島への入り口は2ヶ所 その一つがここ おもむきあるよねぇ ちなみにこのマーク、みたことありません?

VOC ですよ VOCとは、 Vereenigde Oost-Indische Compagnie 東インド会社 です オランダ統治時代の遺物 VOCはだからオランダ語っす

では、この門をくぐってタイムスリップだ (古いね)


オランダ教会

1752年建造

現在、中も外も改修中



郵便局

← →
グレート教会
Great Church

残念ながら閉まってました

町並みに、コロニアル風と言うのでしょうか 南国・熱帯風

 

灯台
Lighthouse
高さ18m

モスク
←の灯台のすぐ横にあります
青い空に白い壁が実に鮮やかです



ムーン要塞

半島の根本にある ムーン要塞
そのシンボルとも言うべき 時計塔
要塞内に特別なものはほとんど無い(物陰はアベックだらけです)

要塞から、旧市街(半島内部)がよく見える 左の補修中の屋根が、オランダ教会 右の小綺麗なのがグレート教会

→ 牢獄跡 ほぼ垂直の壁に囲まれている 出口無し


左のグランド(クリケット場)の奥が新市街、右が旧市街(半島内)